なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

2度の臨終、2度の葬式とは、どんなことか

 浄土真宗には二度の臨終、二度の葬式があると聞きましたが、どんなことでしょうか。

 2度の臨終といいますのは、心の臨終と肉体の臨終のことです。それをまた2度の葬式ともいわれるのです。

 親鸞聖人は、阿弥陀仏に救われた時に自力の心が死に、同時に他力の心が生まれるのだとおっしゃっています。

『愚禿鈔』にそれを、

信受本願 前念命終 即得往生 後念即生(愚禿鈔)

弥陀の本願に救われた時、自力の心の命が終わる。同時に他力の心が生まれるのである。

 弥陀の本願を信受する一念に、前念(曠劫流転の迷いの心)が死ぬとおっしゃっています。

 この前念というのは、曠劫より流転してきた自力の心のことであり、後生暗い心のことです。その自力の迷心が、南無阿弥陀仏の利剣によって殺されるのです。まさに永の迷いの打ち止めがなされるのです。

 覚如上人は、これを、

平生のとき善知識の言葉の下に帰命の一念を発得せば、そのときをもって娑婆のおわり臨終とおもうべし(執持鈔)

平生に善知識の教えを聞き、一念の弥陀の救いに値った時が、この世の終わり臨終である。

とおっしゃっています。

 

 

 これによっても分かりますように、心の臨終とか魂の葬式といわれるのは、弥陀に救われたことをいうのです。

 肉体の臨終や葬式は、世間周知のことですからはぶきます。

 浄土真宗では、特に、心の臨終、魂の葬式を重視します。平生に弥陀の救いに値ったか、どうかが、未来永劫の浮沈を決するからです。

親鸞閉眼せば賀茂河にいれて魚に与うべし(改邪鈔)

私が死んだら、賀茂川に捨てて魚に食べさせるがよかろう。

 親鸞聖人のこのご持言も、すでに魂の葬式が済んでいるので、肉体の葬式などは問題にならなかったからでしょう。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)