なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

五つの不思議とは

仏教に5つの不思議が説かれていると聞きましたが、どんな不思議が説かれているのでしょうか。

 仏教で説かれる5つの不思議とは、特に、阿弥陀仏の本願力不思議を讃えて、龍樹菩薩が説かれたものです。『大智度論』にあります。

 1つは、「衆生多少不可思議」といいまして、多くの生物が生まれ続いて尽きない不思議をいわれたものです。少は意味のない助字です。

 2つには「業力不可思議」です。

 善・悪の業力によって引き起こされる果報に、寸分の狂いもないことの不思議をいわれています。

 3つに、「龍力不可思議」です。気象の変化の不思議のことです。

 4つは、「禅定力不可思議」です。

 聖者が修行によって、永い寿命を保ったり、現す神通の不思議をいったものです。

 5つめが、「仏法力不可思議」です。

 これこそが十方世界に遍満する、理屈離れた摩訶不思議、阿弥陀仏の願力不思議のことです。

 親鸞聖人は「和讃」に、こう説かれています。

五つの不思議を説く中に

仏法不思議にしくぞなき

仏法不思議ということは

弥陀の弘誓に名づけたり(高僧和讃)

仏教には、5つの不思議があると説かれている。中でも釈尊は「仏法不思議」以上の不思議はないと教えられている。

「仏法不思議」とは、阿弥陀仏の救いの不思議をいわれたものである。

 願力無窮の弥陀により、絶対の悪が絶対の善に救済されれば、生死の苦海のままが光明の広海と変わり、煩悩具足のままが至徳具足と転ずる不思議をいわれたものです。

 親鸞聖人は「不可称・不可説・不可思議の信楽」とおっしゃっています。

 富も地位も名誉も権勢も、しばしの間の装飾です。払い落とせば妄念しかありません。

 悪に向かえば光る目も、善に向かえば眠ってしまう。世間話は徹夜でしますが、仏法の話はイヤになる。夢の世といいながら、執着はちょっとも離れず、ツユの命と知りながら報謝する気はさらさらない、極楽を嫌って地獄を慕っています。

 弥勒菩薩と肩を並べても、蛇蝎奸詐、我執我慢、放逸無慚は少しも変わらず、どこどこまでも地獄は一定すみかです。

 こんな者を一番可愛いとおっしゃる、弥陀の慈悲には底がありません。信に信功なく行に行功なし。勤行の時称えた念仏も、トイレの中で称える念仏も、無碍の世界に差別はありません。こんな念仏忘れがちの認知症を、常念仏の者とは恥ずかしい限りです。

 恩を恩とも感ぜぬ屍が、真実開顕に突き進まずにおれない不思議をいうのです。

「餓鬼は、水を火と見候が、あわれに候。自力執心の人が他力を知らぬが、悲しく候」(法然上人)

 同じ事件の当事者でも、悲しむ者と喜ぶ者、怒る人、泣く人、踊る人、立場によって見方がかわります。世間は無料の人生劇場です。他力不思議の世界へ出れば、「渋柿の シブこそよけれ そのままに かわらで変わる 味の甘さよ」、逆境に微笑し、涙の中に輝く世界が拝める不思議です。

法敬坊、蓮如上人へ申され候、「あそばされ候御名号、焼け申し候が、6体の仏になり申し候。不思議なる事」と申され候えば、蓮如上人、その時仰せられ候、「それは不思議にてもなきなり、仏の仏に御成り候は不思議にてもなく候。悪凡夫の弥陀をたのむ一念にて仏になるこそ不思議よ」と仰せられ候なり(御一代記聞書)

蓮如上人に、弟子の法敬房が申し上げた。

「御本尊として与えられた御名号が、火事で焼失したとき、天高く六体の仏になって舞い上がられるのを拝見したそうですが、不思議なこともあるものでございます」

すると蓮如上人は、仰せられました。

「仏が仏におなりになったのが、何が不思議か。極悪人が弥陀タノム一念に無碍の一道に救われ、仏になる身になることこそ不思議というのである」

 弟子の法敬房に、蓮如上人の慈誨です。

 不可思議の本願力に生かされた嬉しさには、背恩忘恩の悪性が法雷のもと法剣をかざし、法蔵久遠の戦線に決死獅子吼せずにはおれない不思議をいうのです。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)