なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

現代人には、信心などいらないのではないか

私は高校生ですが、なぜ信心など必要なのか分かりません。そんな古くさいことを親鸞聖人は教えられたのですか。必要な理由を教えてください。

 信心など古くさい、なぜ必要なのかとおっしゃいますが、私たちは、何かを信じなければ生きてゆけないからです。信心とは何かを信ずることです。言葉をかえれば、頼りにする、あて力にするということです。

 私たちは、何かを頼りにし、あて力にしなければ生きてはゆけません。何かを信じなければ生きてゆけないのです。

 妻は夫を信じ、夫は妻を信じ、親は子供を頼りにし、子供は親をあて力にして生きております。その他、自分の体や生命、金銭や財産、名誉や社会的地位など、何かをあて力にして人間は生きております。

 生きるとは信ずることなのです。だから、すべての人は何らかの信心をもっているのです。

 昔から、“イワシの頭も信心から”といわれますように、他人から見ればつまらないものでも、信じている人からいえば信心です。特定の宗教の、神や仏を信ずることだけが信心ではないのです。

 何かを信じなければ生きてはゆけませんが、私たちは、ただ生きているのではありません。すべての人は、苦しみ悩みを厭うて、幸福を求めて生きているのです。

 では、苦しみ悩みはどこから起きるのかと考えてみますと、信じていたものに裏切られると起きるのです。

 病人の苦悩は、健康に裏切られたからであり、夫婦の悲劇は、夫や妻が信じていた相手に裏切られたからです。子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。家の子にかぎってと深く信じていればいるほど、裏切られた親の苦悩や怒りは大きいのです。

 これらでお分かりのように、私たちは何かを信じなければ生きてはゆけませんが、やがて裏切るものを信じて生きるということは、ばかげたことです。

 では、この世で生命かけて信じても、後悔しない、絶対、裏切ることのないものがあるでしょうか。

 結論を言いましょう。何にもないのです。たとえ、しばらく続いても死ぬ時には、なんのあて力にもなりません。すべてに裏切られ肉体さえも焼いてゆかなければなりません。

 この真実を親鸞聖人は、こうおっしゃっています。

煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、万のこと皆もって、そらごと・たわごと・真実あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします(歎異抄)

この世のすべては、必ず裏切る。そらごと、たわごと、真実は1つもないからだ。ただ裏切らない真実は、弥陀の本願念仏のみである。

 これが、世界の光・親鸞聖人の、生涯の断言です。

 今、死ぬという時でも変わらないものは、三世十方の諸仏の本師本仏である、阿弥陀仏の救いのほかはないのです。

 この弥陀に信じられて、救われたものこそが、永遠不滅の幸福に生き抜くことができるのです。

 

『親鸞聖人の花びら』藤の巻より)