なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

絶対の幸福になる唯一の道

蓮如上人の『御文章』を拝読しますと「信心をもって本とする」とか、「1日も片時も急いで信心決定せよ」とおっしゃっていますが、どうすれば早く信心獲得できるのか教えてください。

 釈尊出世の本懐経である『大無量寿経』には、次のように説かれています。

設い大火有りて三千大千世界に充満せんに、要ず当にこれを過ぎてこの経法を聞き、歓喜信楽し、受持読誦し、如説に修行すべし(大無量寿経)

 これを親鸞聖人は、分かりやすく、

たとい大千世界に

みてらん火をも過ぎゆきて

仏の御名を聞く人は

ながく不退にかなうなり(浄土和讃)

たとえ大宇宙が猛火に包まれようとも、そのなか阿弥陀仏の名号(仏法)を聞く人は、早く絶対の幸福になれるのである。

 蓮如上人は、それを、
「火の中を 分けても法は 聞くべきに 雨風雪は もののかずかは」
「仏法には世間の隙(仕事)を闕きて(止めて)聞くべし、世間の隙をあけて法を聞くべきように思うこと、浅ましきことなり」
と、聴聞に極まるとおっしゃっています。
 先徳にある人が、「ご面倒ですが一言聞かせてください」と言ったら、大喝一声、
「何を言うか、凡夫が仏になるほどの一大事を一口や二口で聞かせられようか。自力の修行なさる人々は、無量永劫の修行されても証られぬと嘆かれているのに、1年や2年、聴聞して仏になろうという横着者だから救われぬのじゃ。命がけで聞けよ、別のことを聞くのじゃない。同じことを聞き聞きすると聞こえてくださるのじゃ」
と言われています。
 いずれも、真剣な聴聞をお勧めになっているのは、それだけ後生は一大事だからです。
 ところが私たちは、夏に1匹の蚊に襲撃されたほどにも思っていません。1匹の蚊でも気になって眠れないのに、後生の一大事が苦になって眠れなかったということがないのです。なぜ、でしょう。
 原因は、まだ死なないと無常を遠くに眺めているのと、自己の罪悪の重さに気がついていないからです。
 親鸞聖人が七高僧と言われる中の1人であります道綽禅師の『安楽集』に、こんな例えが説かれています。

 

「たとえば、人有りて空曠のはるかなる処に於て、怨賊の刀を抜き勇をふるいて直に来りて殺さんと欲するに値遇す。この人、ただちに走るに一つの河を度らんとするを視る。未だ河に到るに及ばざるに、すなわちこの念を作さく。
『我、河の岸に至らば衣を脱ぎて渡るとやせん、衣を著けて浮かぶとやせん、若し衣を脱ぎて渡らんには唯恐らくは暇なからん。若し、衣を著けて浮かばんには、また首領全くし難からんことを畏る』と。そのとき、但一心に河を渡る方便をなすことのみありて、余の心想間雑することなきがごとし。
 行者もまたしかなり。阿弥陀仏を念ずる時、また彼の人の渡ることのみを念じて、念々相次いで、余の心想間雑することなきがごとし」

 

 殺そうとして、旅人の後ろから剣を抜いて追いかけてくる怨賊とは、激しい無常の風をたとえられたものです。
 必死に逃げる旅人の前方に、怒濤逆巻く大河が現れて進めない。そこで旅人の心は迷う。着物を脱いで渡ろうか、着たままで飛び込もうかと大混乱。
 着物を脱いで渡ろうとすると、帯が堅く締まっていてなかなか解けず、迫っている危機に間に合わない。着たまま河に飛び込めば、泳げないから溺れ死ぬだけである。
 帯が堅く締まって着物が脱げないとは、重い罪悪に苦しんでいることをたとえられたものです。
 こんな急迫に震える旅人のように、無常と罪悪にせめたてられて仏法を聞きなさいと、教えられた道綽禅師の例えです。
 こんな人が、居眠りしておれましょうか。ほかのことを考えてはいられません。
 これを蓮如上人は、

誰の人も、はやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり(白骨の章)

誰の人も、早く後生の一大事を心にかけて阿弥陀仏の救いに値い、仏恩報謝の念仏する身になってもらいたい。

とおっしゃっているのです。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)