なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

仏教とは、一言でどんな教えか

仏教とは、一言でいうと、どんな教えでしょうか。

 昔、中国に、いつも樹の上で坐禅瞑想していた鳥窠という僧侶がいました。

 ある日、儒教で有名な白楽天が、その樹の下を通って、瞑想している樹上の僧侶を冷やかしてやろうと思ったのです。

「そこの坊さんよ。そんな高い木の上で目をつむっていては、危ないではないか」

 鳥窠は、すかさず、

「そういう貴殿こそ、危ないぞ」

と切り返しました。

 この坊主、相当の奴かもしれぬと見てとった白楽天は、

「私は、名もなき白楽天という儒者だが、貴僧のご芳名を承りたい」

と聞くと、

「私は、名もなき鳥窠という坊主だ」

 鳥窠と聞いて、白楽天は驚いた。これがいま高名な、鳥窠禅師かと知った白楽天は、かねてから仏教に関心を持っていたので、こう言って頭を下げた。

「いい所で、貴僧に会った。一体、仏教とはどんな教えか、一言でご教授願いたい」

 即座に、鳥窠禅師は答えています。

「もろもろの悪を為すことなかれ、つつしんで善を修めよ、と教えるのが仏教である」

 それを聞いた白楽天、いささか呆れ顔して、 「そんなことなら、三歳の子供でも知っていることではないか」 と冷笑すると、鳥窠禅師、

「三歳の童子も、これを知るが、八十の翁も、これを行うは難し」

と大喝しています。

 知っていても実行しなければ、知らないのと同じだからです。

 仏教を一貫する教えは、因果の道理です。

 善因善果、悪因悪果、自因自果は、三世十方を貫く真理です。この真理に立てば「悪いことをやめて、善をせよ」の廃悪修善になるのは当然でしょう。

「あなたに現れる、不幸や災難は、あなたの蒔いた、悪い因が生み出したものなのですよ(悪因悪果・自因自果)。不幸になりたくなければ、悪い行いを慎みなさい」の「廃悪」の教えになります。

「あなたの幸福は、あなたの蒔いた善い因が生み出すものなのだから(善因善果、自因自果)、幸せになりたければ、善い行いをしなさいよ」の「修善」の勧めになるのです。

 誰もが、不幸を厭い幸福を求めて生きているのですから、仏教は、すべての人に「廃悪修善」を勧められているのです。

 では、どんなことが善で、どんな行為が悪なのか、十善・十悪など、詳しく仏教で教えられています。

 まず、教えをよく聞かなければなりません。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)