なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

人生の目的と親鸞聖人

私は時々、自分はなぜこんなに苦しみながら生きてゆかなければならないのか、何のために働いているのだろうかと考えます。人生の目的は何だと親鸞聖人は教えられているのでしょうか。

 自分は何のために生きているのか。こんな苦しみに耐えながら、なぜ働かなければならないのか。真面目に生きている人ならば、必ずあなたのような疑問が起きてくるはずです。

 もし何のために働いているのかと質問すれば、ほとんどの人は食わんがためだと答えるでしょう。では、何のために食うのかと反問すれば、食わにゃ死んでしまうじゃないかと答えましょう。

 それでは、食ってさえいれば、いつまでも生きていられるのかと聞けば、誰しも返答に窮してしまうでしょう。

 人間は、生きるために食べ、食べるために忙しそうに働いているのですが、一日、生きたということは、一日、死に近づいたということです。これが否定できない厳粛な真実です。

 にもかかわらず、ほとんどの人は、この確実な死を無視して生きることばかり考えて、取らぬ狸の皮算用をしています。

「この会社に何年勤めて係長になり、何年勤めて課長になり、うまくいけば部長になれるかもしれぬ。なったとしても65歳で定年か。退職金はだいたい、これくらいだから小商売でも始めて、年とってから、また1年生になるか。あァーいやんなっちゃうなァ」

と、ちょっぴり人生に絶望しかけます。

 ここで、「どうせ何十年か経ったら、死んでしまうのだ。生きているうちに、したい放題やったほうがましだ」と考えて、酒やマージャンで、せめて桃色ぐらいの人生にしようといたします。

 しかし、それはあくまでも一時のごまかしであって、心からの安心も満足もなく、人生の解決にはなりませんから、こんな人は最後まで苦しみ続けなければなりません。

 この時に仏縁深き人は、「これは、ウカウカしてはおれないぞ。このままでは、死ぬために生きていることになるではないか。人生の目的を突き止めるまでは、死んでも死に切れない」と、真剣に仏法を聞くようになるのです。人生究極の目的は、仏法にしか説き明かされていないからです。

 仏教を説かれた釈尊の求道の動機も、この人生の目的の探求一つでありました。そして苦しい修行を6年なされて、「すべての人を、必ず絶対の幸福に救いとる」という、無上の大誓願を建てられている、本師本仏の阿弥陀仏を発見されました。

 事実、どんな人も、この弥陀の本願に信順すれば、必ず、絶対不壊の幸福になれることを突き止め、弥陀の本願こそが、すべての人の究極の目的であると、生涯、弥陀の救い一つを説き続けてゆかれたのが、釈尊であり親鸞聖人でありました。

 あなたも親鸞聖人から真実の仏法を聞き求め、素晴らしい人生を味わって頂きたいと念じ上げます。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)