なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

親鸞聖人に弟子はなかったのか

親鸞聖人は『歎異抄』に「親鸞は弟子一人ももたず候」とおっしゃっていますが、本当にお弟子はなかったのでしょうか。そうだとすれば、どうして聖人の教えが今日に伝えられたのでしょうか。

如来大悲の恩徳は

身を粉にしても報ずべし

師主知識の恩徳も

骨を砕きても謝すべし(恩徳讃)

阿弥陀如来の高恩と、その本願を伝えたもうた方々(師主知識)の大恩は、身を粉に骨を砕きても済まない。微塵の報謝もできぬ身に泣かされるばかりである。

誠に仏恩の深重なるを念じて、人倫の哢言を恥じず(『教行信証』信巻)

広大な弥陀の洪恩を思うと、どんなに非難攻撃されても、ジッとしてはいられない。

と常に報謝の念に燃え、布教に全生命を投入なされた親鸞聖人に、心底より信順し共に正法宣布に挺身したお弟子が、なかったはずがありません。

 事実、「親鸞聖人門侶交名牒」などには、聖人に親しく教えを受けた、数多くの門弟の名が記載されています。

 その数は、現在ある数本の「交名牒」と「二十四輩牒」や、聖人が京都に還られてから、門弟たちに出されたお手紙に見える名前などを、重ね合わせてみますと、70名以上の、熱心なお弟子があったことが分かります。

 真仏房、性信房、順信房、如信房、顕智房、唯円房、蓮位房、明法房など、錚々たる方々ですが、その分布もかなり広く、たとえば、真仏房は下野国高田に、性信房は下総国飯沼に、順信房は常陸国鹿島で布教活動していたことが知られています。そのほか、会津、和賀、藤田、武蔵国太田などにも、門弟が散在していたことが分かります。

 これらの弟子たちはみな、親鸞聖人が法然上人に抱いていられたと同じ敬慕の念を持っていたことは、蓮位房が夢の告げに、聖人は弥陀の化身なりと感得した、という伝記などでもよく窺えます。

 では、『歎異抄』に「親鸞には、弟子など1人もいない」と、なぜおっしゃっているのかということになりますが、これは、歴史的事実をおっしゃったものではないのです。

 親鸞聖人は、これらの人たちを自分の弟子だとは、決して思ってはいられなかったということです。

 表面上、これらの人たちは、親鸞から教えを聞いて、後生の一大事を知り聞法しているように見えるが、本当はそうではないのだ。

 全く弥陀の独り働きなのである。親鸞の力でも計らいでもない。すべて阿弥陀仏のお計らいなのだ。親鸞の力や計らいで、弥陀の本願を信じ念仏するようになった人たちならば、親鸞の弟子ともいえよう。

 けれども、丸々阿弥陀仏のお力によって救われた人たちであるから、私の弟子などというものではないのである。

 ともに、弥陀の願力によって救われる御同朋、御同行である。決して、師弟の間柄ではないのであるという、聖人の絶対他力の信心を告白されたのが、「親鸞は弟子一人ももたず候」のお言葉と拝します。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)