なぜなぜ問答を読む

なぜなぜ問答を読む

親鸞聖人はなぜ、非僧非俗と言われたのか

親鸞聖人は、自らを非僧非俗とおっしゃったとお聞きしましたが、どんなことでしょうか。なぜ、そうおっしゃったのでしょうか。

 非僧非俗とは、「僧にあらず、俗にあらず」ということです。

 今日、親鸞聖人を坊主(僧)だと思っている人がほとんどですが、それはとんでもない間違いです。なぜなら、聖人は主著『教行信証』に、自らを非僧非俗(僧に非ず俗に非ず)とおっしゃって、「私は坊主ではない」と記されているからです。

 今から300年ほど前、臨済宗の師蛮という人の書いた『本朝高僧伝』には、日本に仏教が伝来してからの、有名無名の日本の僧侶、千六百数十人の名をあげ、それらの伝記を載せていますが、親鸞聖人のお名前が載っていません。

 ある軽薄な歴史学者は、このことから、聖人を架空の人物ではないかと宣伝したことさえありました。もちろんそれは、極めて非実証的な暴論であったことは、その後の聖人の筆蹟研究や、新史料の発見などによって、いかんなく証明されて、今では全く問題にもなりません。

 では、どうして師蛮は、親鸞聖人のお名前を抜いたのでしょうか。彼は、聖人のご高名を知らないほど、無学者であったのでしょうか。

 否、彼の75巻もの大著を見れば、とてもそんなことは考えられません。その著書に記載している、幾多の無名の僧侶のあることを知ればなおさらです。彼が、親鸞聖人のお名前を抜いたのは、聖人に対する無知どころか、聖人自ら、僧に非ずと宣言なされていたことを熟知していたからでしょう。

 他宗の者でさえ、このように、親鸞聖人は僧でないことを知っているのに、今日、真宗の人たちが、聖人を坊主だと思っているのは、祖師に対して、いかに無知、無理解であるかの一端が知られましょう。

 親鸞聖人は常に、「私は、賀古の教信沙弥のごとくになりたい」とおっしゃっていた方です。

 教信沙弥という人は、もと奈良の興福寺にいた学徳兼備の学僧でしたが、ある時、奈良の町に好きな女ができたので、寺を捨て、坊主をやめて、播州の加古川の岸で、女と一緒に渡し守をして一生暮らした人です。

 ずいぶん戒律のやかましい時代に、学もあり徳もあり、真面目な心を持っていた人が、自分をごまかさずに生き抜いたところに、聖人は、深い同情と親しみを感じられたのでしょう。

 全生命を、真実の開顕のみに生涯を托された聖人の歩みには、僧籍もなし、寺院にも住まわれず、葬式、法事、墓番など、おおよそ、僧らしきことは何ひとつなされなかったので、僧に非ずと言われたのです。

「更に親鸞珍らしき法をも弘めず、如来の教法を、われも信じ人にも教え聞かしむるばかりなり」

 聖人の日々は、ただ、弥陀の本願を正確に迅速に、一人でも多くにお届けする、献身的布教と著作活動のみに費やされ、世俗の職業につく暇がなかったので、俗にも非ずと言われたのでありましょう。

 まさに、非僧非俗で一生貫かれたのが親鸞聖人でありました。

 

『親鸞聖人の花びら』桜の巻より)